アンティークメダイとアンティーククロス(十字架)の専門店アンティークジュエリー・マリア。

アンティークメダイ、アンティーククロス(十字架)、アンティークロザリオなどには、 時代を経ても朽ちること無く人々に‘美しさ’‘安らぎ’‘癒し’を感じさせるものが沢山ございます。 それら丹精を込め制作されたアンティークメダイ、アンティーククロス、アンティークロザリオなどは 絵画や彫刻などの純粋芸術にも値する、造形的な価値があるものと考えております。
アンティークジュエリー・マリアでは、既存のジュエリーやアクセサリーなどの価値基準に捉われること無く、 “心に感動を与える”アンティーク、ヴィンテージアイテムのご提供に努めております。
★当店は特定の宗教、宗派に属するものでは御座いません。 ★お電話でのご注文も承っておりますので、お気軽にお電話ください。
姉妹店--アンティークキーと南京錠の専門店:アンティークアーツ ブリキのロボットとおもちゃの専門店:トイズパパ

ホームクリスチャンアイテム【参考動画有り】聖マリアを抱く聖アンナ ANNE DE BEAUPRE サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂 /《旅行者、航海者、サーファー、ドライバーの守護聖人・米軍兵に親しまれる》幼年イエスを抱く 聖クリストフォロ St.CHRISTOPHER ヴィンテージ キーフォルダー
商品詳細

【参考動画有り】聖マリアを抱く聖アンナ ANNE DE BEAUPRE サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂 /《旅行者、航海者、サーファー、ドライバーの守護聖人・米軍兵に親しまれる》幼年イエスを抱く 聖クリストフォロ St.CHRISTOPHER ヴィンテージ キーフォルダー[m6557]

販売価格: 3,980円 (税込)
聖マリアを抱く聖アンナ ANNE DE BEAUPRE サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂
/《旅行者、航海者、サーファー、ドライバーの守護聖人・米軍兵に親しまれる》幼年イエスを抱く 聖クリストフォロ St.CHRISTOPHER
ヴィンテージ キーフォルダー

聖マリアを抱く聖アンナ ANNE DE BEAUPRE サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂と
幼年イエスを抱く 聖クリストフォロ St.CHRISTOPHER
がタグにレイアウトされたヴィンテージキーフォルダーです。

精緻で立体的な美しい像の表現が魅力のキーフォルダー。

像の部分はアルミでできています。

★サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂:
(サンタンヌ・ド・ボープレだいせいどう、
仏: Basilique Sainte-Anne-de-Beaupre,
英: Basilica of Sainte-Anne-de-Beaupre)は、

カナダのケベック州サンタンヌ=ド=ボープレにあるカトリックの聖堂である。
病人や、障害のある人々が奇跡によって治癒された逸話があり、
これによって、巡礼の聖地としての名を高らしめている。

1658年3月8日に、エティエンヌ・ド・レサールと名乗る人物が、自分の土地の一部を寄進して、
その地に礼拝堂が建築された。建築の理由は、ボープレの開拓者たちのための礼拝の場が必要であったこと、
そして奇跡の聖アンナの像を納める場所が必要であったことである。

この時に、木造の聖堂が建てられたが、その建築工事に関する逸話がある。
1658年3月13日、カナダに派遣された伝道者ヴィニャルが、
聖アンナにささげる聖堂の起工を祝福したところ、その当日に奇跡が起こった。
オルレアン島のサント・ファミーユ教会の司祭であったトマ・モレルの記録によると、
脊柱側湾症(リューマチであったともいわれる)で松葉杖なしでは歩けなかったルイ・ギモンという人物が、
この聖堂建設に参加したところ、歩行できるようになった。
他にも奇跡により回復した人々の証言がもとで、この聖堂はたちまち有名になり、
多くの巡礼者が治癒を受けにここを訪れるようになった。また、ルイ13世妃のアンヌ・ドートリッシュも、
この聖堂への支援を行った。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より抜粋

★聖クリストフォロ:
伝説によるとクリストフォロは、
パレスティナ出身の大男とされ、力持ちであった彼は世界一番強い王に仕えることを望み、
もっとも強い王を探す過程で、川のほとりに住み旅人を背負って川を渡る仕事をしていた。
ある暴風雨の夜、ふしぎな子供がクリストフォロに川の渡しを頼んだ。
クリストフォロは子供を背負い川を渡ろとすると、この子供は非常に重く川の中で身をかがめてしまうほどであり、
クリストフォロは「まるで全世界を背負っているようだ。」と叫んだ。
するとその子供は、「そのとおり。」「お前は全世界の創造主を運んでいるんのだから。」と言った。
そのときクリストフォロは、幼子イエスを肩に乗せて運んでいることを知った。
それから、クリストフォロ(「キリストを背負う者」ギリシャ語)の名となった。
12世紀ごろから、ドイツで「クリストフォロが描かれた画を見た者は安全に暮らせる。」とまでいわれた聖人である。
キリストを肩に乗せ、川を無事に渡ったことから旅行者、航海者、ドライバーの守護聖人とされており、
クリストフォロの意匠のメダイはアメリカ(北米)で、サーファー(波乗り愛好家)や米軍兵などにも広く親しまれている。

●最後の動画は、サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂 の参考動画です。
動画内で“聖マリアを抱く聖アンナ”像がご覧になれます。



















他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス