アンティークメダイとアンティーククロス(十字架)の専門店アンティークジュエリー・マリア。

アンティークメダイ、アンティーククロス(十字架)、アンティークロザリオなどには、 時代を経ても朽ちること無く人々に‘美しさ’‘安らぎ’‘癒し’を感じさせるものが沢山ございます。 それら丹精を込め制作されたアンティークメダイ、アンティーククロス、アンティークロザリオなどは 絵画や彫刻などの純粋芸術にも値する、造形的な価値があるものと考えております。
アンティークジュエリー・マリアでは、既存のジュエリーやアクセサリーなどの価値基準に捉われること無く、 “心に感動を与える”アンティーク、ヴィンテージアイテムのご提供に努めております。
★当店は特定の宗教、宗派に属するものでは御座いません。 ★お電話でのご注文も承っておりますので、お気軽にお電話ください。
姉妹店--アンティークキーと南京錠の専門店:アンティークアーツ ブリキのロボットとおもちゃの専門店:トイズパパ

ホーム幸運を招くイタリア カプリ島 サン・ミケーレ アンティーク ベルアメリカ ヴィンテージ “自由の鐘:Liberty Bell”シルバー(銀製)チャーム 14×18mm(チェーン有り。無しの場合は300円引き)
商品詳細

アメリカ ヴィンテージ “自由の鐘:Liberty Bell”シルバー(銀製)チャーム 14×18mm(チェーン有り。無しの場合は300円引き)[m4898]

販売価格: 3,980円(税込)
チェーン:
数量:
アメリカ ヴィンテージ
“自由の鐘:Liberty Bell”
シルバー(銀製)チャーム 14×18mm

アメリカ“自由の鐘:Liberty Bell”の銀製のチャームです。
裏面にがSTERLING(銀925製)、1959年、A.LITTMAN(氏名)
が刻印されています。

シルバー(銀925製)

アメリカで使われたヴィンテージ品。

★自由の鐘(じゆうのかね、英語:Liberty Bell)は、
アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあり、
合衆国の歴史に大きな意義を持つ鐘の名称。
英語の名称そのままのリバティ・ベルと表記されることもある。
恐らく自由の鐘はアメリカの独立、並びにアメリカ独立戦争を連想する上で、
最も突出したシンボルの一つである。
また、独立、奴隷制の廃止、合衆国内の国民性と自由において最も親しみのある象徴の一つであり、
国際的な自由の偶像としても用いられてきた。

最も著名な1776年7月8日のその鳴り響く音は、
フィラデルフィアの市民をアメリカ独立宣言の朗読へと招集させた。
それ以前に、自由の鐘は1774年に行われた大陸会議の開催を、
その後は1775年に勃発したレキシントン・コンコードの戦いの始まりを知らせるために鳴らされていた。

自由の鐘は奴隷廃止主義運動の象徴として、アメリカ奴隷制反対協会が正式に認可される1837年まで、
「Old State House bell(アメリカ植民地議会議事堂の鐘)」として知られていた。

サイズ:左右約14ミリ、上下約18ミリ
重さ:約5グラム

■“チェーン”は40センチ、45センチ、“不要”をお選びください。
■“不要”の場合は-300円引きとなります。
■チェーンは新しいものを使用しております。
(チェーンの素材はシルバーではありません。)
■マネキン(女性9号)の付けているチェーンは40センチです。











他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス